院長ご挨拶


院長 医学博士 森山貴志

 この度、南生田クリニックを開院することになりました院長の森山です。医師生活の大半は、東大病院をはじめ東大関連病院で臨床と研究を進めるとともに、アメリカにも留学し、代表的科学雑誌「サイエンス」に論文が掲載されるなどの研究成果を収めました。その後自治医大内科講師として内科臨床に携わり、多くの内科疾患の治療にあたりました。

 内科では、心筋梗塞・脳卒中の原因となる動脈硬化を引き起こすメタボリック症候群・生活習慣病等の予防が大事な目的です。薬に頼るだけでなく、食事療法・運動療法も重要と考えております。病気にならない工夫をしていくことで、皆様の健康促進のお手伝いをさせていただきたいと思います。
また、在宅医療で、たくさんの長寿の方と接してきた経験を活かし、長生きの秘訣と専門的な知識を、ぜひ、皆様と分かち合いたいと願っています。

 日進月歩の医学をいち早く取り入れた予防的な診療と、私の40年の経験とを合わせ、最善の医療を提供してまいります。
内科医の真骨頂は、きめ細やかな診察とお一人お一人に合わせたていねいな治療で、患者さんの苦しみを少しでも和らげることだと思っています。 日常診療から生活改善・セカンドオピニオンまで、どうぞお気軽にご相談ください。

学歴

  • 昭和49年 鹿児島ラサール高等学校卒業
  • 昭和49年 東京大学教養学部理科3類入学
  • 昭和51年 東京大学医学部医学科進学
  • 昭和55年 東京大学医学部医学科卒業

職歴

  • 昭和55年 東京大学医学部附属病院研修医
  • 昭和57年 三井記念病院内科
  • 昭和58年 東京大学医学部附属病院医員(第三内科)
  • 昭和58年 都立駒込病院感染症科
  • 昭和59年 東京大学医学部附属病院医員(第三内科)
  • 昭和60年 科学技術庁放射線医学総合研究所障害臨床部研究生
  • 昭和61年 東京大学医学部附属病院医員(第三内科)
  • 昭和63年 米国スクリプス研究所研究員
  • 平成 3年 東京大学医学部附属病院医員(第三内科)
  • 平成 3年 東京大学医学部附属病院助手(第三内科)
  • 平成 5年 自治医科大学消化器内科講師
  • 平成 6年 自治医科大学肝臓病態講師
  • 平成15年 街かどクリニック・世田谷院長
  • 平成30年 南生田クリニック開院